介護保険を利用した住宅改修について

介護保険制度における住宅改修とは

住宅改修とは、高齢者の身体状況にあわせて安全な 自立生活をするために住宅を改修することを言います。 高齢者の体力や障害あるいは、生活習慣は、一人一人異なります。 それぞれに立ちふさがる住宅内での不便さ、危険、不快(=バリア)を取り除くこと、 つまりバリアフリーにリフォームすることを指します。

介護保険制度における住宅改修の制度について

住宅改修の工事金額と自己負担

介護保険の対象となる工事金額は、20万円(税込)までで、 かかった工事費の1割負担となります。 また、20万円を超えた金額は、全額お客様の負担となります。 つまり介護保険で支給される金額は、18万円が上限です。 市区町村によっては、 さらに上乗せして補助金を給付する制度を設けているところもあります。

工事の回数

原則としてお一人につき1回です。 (合計が20万円以内であれば時期を分けて工事をしても可)
※要介護度が大幅に上昇した場合や転居した場合さらに20万円までの工事ができます。

お支払い方法

支払い方法は、償還払いが原則です。 つまり、工事費の全額をいったんお支払いいただいた上で、 所定の手続きを行い、後日、 市区町村よりお客様の銀行口座に所定の金額が振り込まれます。
市区町村によっては、代理委任払い制度 (対象金額の9割分を市区町村がお客様に代わって業者に支払い、 お客様は、自己負担分だけ業者に支払えばよい) を選択できるところもあります。

介護保険の対象となる住宅改修の内容

工事 工事内容
1 手すりの取付け 廊下、便所、浴室、玄関等に転倒予防や移動、 移乗動作の助けになることを目的として設置
2 床段差の解消 居室、廊下、便所、浴室、 玄関等の各室間の床の段差を解消するための住宅改修をいいます。 具体的には、以下のような内容です。
●敷居を低くする工事
●スロープを設置する工事
●浴室の床のかさ上げ等
3 滑り防止及び移動の円滑化等のための床材の変更 居室においては、
●畳敷きから板製床材やビニール系床材等への変更
浴室においては
●床を滑りにくいものへの変更等
4 引き戸等への扉の取替え ●開き戸を引き戸、折戸、アコーディオンカーテン等 に取替えるといった扉全体の取替え
●ドアノブの変更、戸車の設置等
5 洋式便器等への便器の取替え ●和式便器を洋式便器に取り替える